採用されるための面接のコツ

転職を成功させる!看護師が採用されるための面接のコツ

面接対策をしている看護師


面接は転職希望者にとって、必ず乗り越えなければならない関門です。一般企業の場合はパソコン等の試験も行われ、そちらも重視されるケースもありますが、看護師は応募書類と面接だけで決まるケースが多いです。このため、面接はとても重要視されます。

そこで今回は、看護師が転職を成功させる、つまり転職先の面接で採用されるためのコツをまとめてみました。いずれも大切なポイントなので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

自分に自信を持っている

日本人の特質とも言える「謙虚さ」ですが、面接の場では謙虚過ぎるのはNGです。基本姿勢としての謙虚さは必要ですが、自信を持って自分をアピールすること、そして自分の意見をしっかりと遠慮なく言えることが看護師として、そして社会人として求められます。

積極性がある

積極性がある人というのは、コミュニケーションが活き活きしており、意欲も感じられるものです。面接で意気込みや積極性を感じられれば、面接官は採用したい気持ちが出てきます。しかし、元気が無かったり、この職場で働きたいという意欲が感じられない場合は、たとえベテラン看護師でも不採用にされるケースがあります。

誠実性や素直さが感じられる

素直さや誠実性というのは、人間同士の信頼関係にもつながるものです。「ちゃんとアピールしなくては」と思って過剰に自分を表現したり、知ったかぶりをするのは返って逆効果になります。

これまでたくさんの看護師に接している師長や採用担当者であれば、そのような着飾った人物をすぐに見抜いてしまいます。今後の成長を期待して、素直であり、誠実な看護師の方が採用されやすいです。

看護師 求人 梅田

スポンサードリンク

 

inserted by FC2 system